03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

社会と会社・・・

2016/04/30
2字熟語というのは、

意外と多いものですが、たいていは「議会」と「会議」のように、

なんとなく似た意味を持っているものです。

「会社」と「社会」とは、かなり違うように思えます。


斎藤毅『明治のことば』(講談社学術文庫)によると、

「会社」も「社会」も、本来は古代中国語の

「社」

に由来することばです。

古代中国語の「社」とは、土地の守り神のことを表します。

日本風に言えば「村の神様」のことで、

この神様をまつるための村人の集まりを

「会社」とか「社会」とか言ったようです。


つまり、この2つの熟語は、本来は同じ意味だったのです。



幕末になって西洋文明が日本へと押し寄せてくると、

西洋流の新しい概念を日本語に翻訳するために、

さまざまな工夫がなされました。


その中で、「会社」「社会」は、

目的を共有する人々の集団のことを表すことばとして

使われるようになります。


やがて「社会」の方が、人々の集団全体を表す

society

の訳語として定着するようになると、

「会社」の方は、営利を目的とした

人々の集団companyの訳語として

使われるようになっていきます。


「社会のため」と「会社のため」とは、

かなり違う意味で使われるようになりました。

営利企業に勤める1人として、

「会社」と「社会」の関係について、

一度ゆっくり考え直してみる必要がありそうです
関連記事
スポンサーサイト
13:15 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。